• ホーム
  • 避妊薬の服用と無排卵周期症や乳癌のリスク

避妊薬の服用と無排卵周期症や乳癌のリスク

経口避妊薬の服用は、癌や他の病気のリスクに影響するのでしょうか。
経口避妊薬には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されており、これによって排卵を抑制する効果があります。
排卵するたびに、卵巣はダメージを受けるとされていますので、経口避妊薬で排卵を抑えることで、卵巣は休んでいる状態になります。
このため、卵巣癌や卵巣嚢腫のリスクは低下します。

経口避妊薬は、子宮内膜を薄く保つ作用もあります。
子宮体癌は、子宮内膜に発生する癌なので、リスクは低くなります。
子宮内膜症も軽くなるので、治療や予防に使われることもあります。
また、理由はまだ解明されていませんが、大腸癌の発生率が低くなることも分かっています。

では、乳癌についてはどうなのでしょうか。
俗説ではピルで乳癌のリスクが上がると言われていましたが、最新のデータではリスクは全く上昇しないことが分かっています。
ただし、既に乳癌のある人や、既往歴のある人は、悪化する可能性があります。

次に、無排卵周期症についてですが、これは生理のような出血はあるものの排卵を伴っていない状態のことで、卵巣の機能は維持されています。
生理不順で婦人科を受診した際に診断される病気ですが、多くが環境の変化や過度のダイエットによるストレスによるものです。
治療方法としては、妊娠を望む場合には排卵を誘発し、妊娠を望まない場合にはホルモン治療となりますが、自費診療で低用量ピルを使用することもできます。
無排卵周期症の治療にも経口避妊薬が使われることから分かるように、経口避妊薬が原因で無排卵周期症のリスクが上がることはありません。
服用をやめれば大体3ヶ月以内には排卵が再開し、通常の生理が起きます。

関連記事
避妊薬ヤーズの服用と不妊相談の意義 2019年10月17日

経口避妊薬には、排卵を抑制する作用、子宮内膜を薄く維持して受精卵の着床を抑制する作用、受精を阻害する作用があるため、これらの作用を利用して、不妊治療において経口避妊薬が使われることがあります。経口避妊薬を服用中は生理が来ませんが、服用を中止すると生理が起きます。このため、生理の周期が不規則な場合には...

激安の避妊薬でも飲み忘れには注意が必要 2019年11月05日

避妊薬は、通常は産婦人科を受診して処方してもらいますが、事情があって受診できない場合や、長く使い続けるので少しでも安く入手したい場合など、インターネットで激安の避妊薬を購入する方法があります。この場合に注意したいのが、信頼できる業者かどうかで、正規品を取り扱っていることを確認しましょう。次に注意する...

アルファリポ酸の特徴と避妊薬の飲み合わせ 2019年09月19日

アルファリポ酸とはチオクト酸とも呼ばれる補酵素の一種で、医薬品として始めは利用されていました。しかし2004年3月の法改正によってサプリメントに配合することが可能になりました。アルファリポ酸は、非常に高い抗酸化作用を持っており、疲労回復や運動の向上、ダイエットのサポート、アンチエイジングなどに効果が...

避妊薬アフターピルの副作用と注意事項 2019年09月03日

避妊薬の一種にアフターピルと言うものがあります。これは緊急避妊薬とも呼ばれており、性行為をしたあとで避妊をする薬になります。通常の低用量ピルとは違い内容が多いのが特徴でその分副作用も大きくなります。ですのでもしも緊急避妊薬のアフターピルを飲むのであればその点を知ってから購入してください。まず多いのが...

避妊薬で体の調子を整えよう 2019年08月24日

避妊薬は、薬剤に含まれる擬似女性ホルモンの作用により卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌量を抑制し、 卵胞の成熟や排卵を抑制し避妊効果を発揮しています。又、避妊薬は、薬剤に含まれる擬似女性ホルモン効果により人為的に女性ホルモンのバランスを調整する為、吐き気や頭痛、体重の増加、不正出血などの軽い副...